fc2ブログ

☆SHINE☆

歯の詰め物
先週の木曜日、会社にいるときちょっとした違和感が右の上の奥歯の一部分が欠けていた!

虫歯かなんか出来て欠けているのかそれとも何かの拍子に欠けたのか気になった。

一旦気になると気になって仕方がないので、金曜日(有給だった)の朝、歯医者に電話して午後の予約が取れるか聞いたら取れたので歯医者へ。

原因は昔詰めていた部分が一部欠けていたから。

今ある歯が欠けていたのではないことがわかって一安心。

そのまま詰め直しして事なきを得た。

詰めた当初はかみ合わせに違和感がそれもすぐなくなったのでよかった。
スポンサーサイト



| 日記 | 23:14 | トラックバック:0コメント:2
幸せな三日間
何となく昨日までの三日間を一回書いたままで終わらせるのはもったいないのでもう1回振り返ってみる。

ただの感想文。

金曜日は有給とって万全の状態でJUDAS PRIEST見た。

御年57歳にも関わらず、(曲数を減らしているとはいえ)前回のTOURよりも激しくSCREAMINGしているROBを見るともう1回ぐらいは来日公演が見れそうな感じがした。

今回はどの公演もあまり客席が埋まってないらしいけど、あのパフォーマンスにそれはもったいない。

土曜日の結婚式・披露宴。

披露宴のときにわざと酔いそうなワイン飲んで結構いい気分に。

結婚式・披露宴がよかったのは言うまでもないけど、一人別な意味でいい気分だった。

でも写真が2枚ほどミスってたorz

日曜日は氷室。

TOUR序盤でしかやらない曲もあったから大阪初日と神戸二日目で今TOURで披露した曲(GLAYとの共演は除くと)ソロは全曲、BOOWY曲もB・BLUE以外は制覇。

曲を多く楽しめたのももちろんやったけど、昨日はLIVEの質自体よかった。

KISS MEとIMAGE DOWNの辺りは全然予想もしなかった展開やったからとにかく興奮。

楽しくて仕方がなかった。

まだ今年はLIVE4本も残ってるのにBEST LIVE選ぶのが大変そう。

ということで三日間を思い出してみた(笑)
| 日記 | 23:26 | トラックバック:0コメント:0
KYOSUKE HIMURO@WORLD HALL
7/26の大阪公演に引き続き今TOUR2本目の参戦。

チケット取るときに間隔が開いてるからおそらくSETの内容が変わるだろうということ、神戸がファイナルやからきっと何かあるだろうという2つの予測のもとに参戦。

ワールド記念ホールというのはCASE OF BOOWYが行われたある種特別な場所。

何か起こるだろうという期待を胸に参戦。

席はスタンドの最後方やったけど、大阪城ホールより近い感じがした。

結論からいうとファイナルにふさわしい素晴らしいLIVEだった。

以下、大阪初日とも比べながらLIVEをフラッシュバック(一度書いたものが消えてしまったから若干適当)。

TOUR中盤からSET INした1から始まって6まで一気に駆け抜ける流れはお見事。

3で早くも背後のスクリーンにカメラの映像が映し出される。大阪公演では最後の最後にしか使われなかったのに今日は他にも10やENCOREのACOUSTIC SET全曲等、結構多くの頻度で使われた。

7-10のバラード部分も大阪初日とは2曲が入れ替えられていい感じになった。

12は13のINTROっぽい音が冒頭に付されて13かと思わせて一転、12が始まる展開。

お待ちかねのBOOWY曲は本編では3曲。16が聴けたのはよかった。

大阪初日では見れなかった17はすっかり定番曲のような様相を見せていた。

本編ラストの19ではすごい量のパイロが上がって本編の締めにふさわしい展開。

ここからがENCORE。

TOUR序盤ではやったりやらなかったりだったACOUSTIC SETが今日も組まれて3曲を披露。

このACOUSTIC SETに入って氷室がやたらしゃべる、しゃべる。

「最終日だからダラダラしゃべってもいいよね?」

21の前にはなんと「座って聴きなよ」みたいな感じで客席を座らせ、さらに「(ACOUSTIC SETだと汗かかないから)冷えて寒いだろうからジャケットでも着て」的なことまで。

22前には今回公演日に雨が多い、今日も雨が降ってるみたいなMCしたら客席の反応が…であんまり降ってないことを悟って少ししょんぼりするなんて光景まで。

ということで21-23は座って聴いた。座って聴くのはいつもと違った感じで染み入るように聴けた。

22,23後にそれぞれの曲で一緒に演奏した本田、大島の両サポートメンバーに賛辞を送ってたけど、最終日らしい感謝の気持ちがこもってた。

今日の氷室はこの部分含めて何度も何度も客席にも礼してたし、結構感慨にふけっていた感じだった。

そして23終了後に最大のサプライズ。

なんとメンバーが着ている「氷室京介」と漢字で書かれたT-SHIRT3枚とさっきまで氷室本人が使っていたGUITARを客にプレゼント!

抽選方法はなんと氷室本人がチケットの半券の入った箱をひくというもの。全く想定外の行動やったから客席は大いに沸くし、氷室本人も「この後どうするんだっけ?」とマジボケをかました(笑)

当たらなかったけど、こういう試みは嬉しい。

メンバー紹介した後始まったのはこれまたBOOWY曲の24。

今TOUR、ここまでこの曲はほとんど演奏されてなかったからレア曲。聴けるとは思っていなかったから正直ビックリ。

これまたTOUR中盤からSET INした25、今日は「眠らせて」の部分を客に言わせなかった26、今日も熱かった27ときたから、もうANGEL歌って終わりかと思ったらここで全員ひっこむ。

ANGELやっていない以上、終わらないことはみんなわかってるからすごい声での「氷室」コール。

再びメンバーが出てきたDOUBLE ENCORE開始。

GUITARの印象的なINTROと共に28。今日はもうこの曲でてこないだろうと思ってたし、この位置での登場なので盛り上がらないはずがない。

そして更に

「パンクやるならこういう風にしやさんせ、IMAGE DOWN!」。

もう出てこないだろうと思ったBOOWY曲、しかもIMAGE DOWN!

盛り上がらないはずがなく、今日一番の地鳴りのような盛り上がり。

大いに客席が歌い、コールする。圧巻。

そして今度こそ最後の30。

曲中に氷室本人へもサプライズが。

ステージと反対側のスタンドに「祝20周年ツアーお疲れ様でした」の幕が掲げられる。

これを見て本人もグッときたみたいでスクリーンに映る顔は泣きそうだったけど、(客席と共に)最後まで歌いきった。

全30曲、今TOUR最長。

大阪初日時に「不完全燃焼やったから最終日の神戸でまた燃えてきます」って書いたけど見事に燃えれた。燃え尽きた。

そんな感じで最高のLIVEだった。

THANK YOU HIMURO!

ENCORE
1.SLEEPLESS NIGHT~眠れない夜のために~
2.NATIVE STRANGER
3.SWEET REVOLUTION
4.WILD ROMANCE
5.Girls Be Glamorous
6.Claudia
7.CRIME OF LOVE
8.MISTY~微妙に~
9.Be Yourself
10.ダイヤモンド・ダスト
11.STAY
12.SQUALL
13.HEAT
14.FUNNY BOY
15.Marionette
16.ONLY YOU
17.Keep the faith
18,Say something
19.WILD AT NIGHT
ENCORE1
20.魂を抱いてくれ(ACOUSTIC)
21.DEAR ALGERNON(ACOUSTIC)
22.RAINY BLUE(ACOUSTIC)
23.LOVER'S DAY
24.わがままジュリエット(BOOWY Version)
25.LOVE&GAME
26.JEALOUSYを眠らせて
27.SUMMER GAME
ENCORE 2
28.KISS ME
29.IMAGE DOWN
30.ANGEL
| 音楽 | 23:22 | トラックバック:0コメント:0
SPECIAL LOVE
今日は友達の結婚式。

新郎から受付を任されてたので、早めに現地入り。

式場の人から簡単な説明受けて受付開始。

無難にこなしたかは???やけどとりあえず役目は果たした。

新郎新婦共に知ってるだけに結婚式、披露宴共に感慨深いものがあった。

個人的には新郎と先に知りあって、新婦と知り合った頃には二人はもう付き会ってたから付き合ってからしか知らないけど、管理人から言うのも変やけどそれはそれは微笑ましい二人。

引越し間もない新居にお邪魔させてもらったこともあれば、一緒に年を越したことも。

二人とも知ってるなんてことそうそうないし、式に出席させてもらって本当によかった。

管理人は受付やった関係で二次会的なものにも出させてもらった。

ここでは超ハイテンションになった新婦の姿が見れた(笑)

その後、もう一人の新郎側受付とカラオケに行って新郎新婦がいないのに二人に捧げるような曲を熱唱。

タイトルがSPECIAL LOVEなのはそのときに歌ったから。

二人は明日から新婚旅行なのでこれを読んでるかどうかはわからないけど、末永くお幸せに。そしてお気をつけて
| 日記 | 23:57 | トラックバック:0コメント:8
JUDAS PRIEST@OSAKA FESTIVAL HALL
大阪公演2日目。

今日の席は真ん中後方より。2Fの様子は見えなかったけど、1Fは早い段階で座席が埋まっていた。

管理人は10分前に着いたけど、既に8割方埋まってて期待の高さが伺われる。

定刻19時になるとブザーがなってまもなく開演のアナウンス。

それから約5分。

テープで1が流され、メンバーが揃って2がスタート。

舞台上には結構立派なセットが組まれ、後ろにはNOSTRADAMUSのジャケットと同じ絵(但し目の部分はライトが入っていて光る仕組み)の幕。

今回もROBはステージの下から出てくる形で登場。

おそらくNOSTRADAMUSをイメージしたと思われる銀色の予言士風の衣装をかぶって顔が見えないまま歌う。

終盤に差し掛かってようやくROBがフードをぬぐったと思ったらそのまま出たところから消えて3へ。

この2~3の流れ、つながりがすごくいい。今度はROBはバンダナをかぶって中央から登場。

また、幕も新しい方のBANDのマークに。

2では少し大人しかった客席もこの曲では一気に爆発。

4でようやく普通にROBが登場。今回はこの曲を初めとして前回の復活TOUR時にはなかった曲やこれまでにPLAYされていない曲が多くPLAYされてるのが特徴。

5ではROBがBANDのマークの入った旗をステージ脇から持ってきてひとしきり振ったかと思えばなんとセットの2F部分に向かって投げた!

6では最後に「DEVIL'S CHILD」のCHILDの部分をROBがこれでもかとばかりにSCREAMING!あまりの長さに会場はどよめきとともに大喝采。正直3日連続の3日でここまで声が出るとは思わなかったからただただ驚き。

おなじみの客との「BREAKING THE WHAT?」「LAW!」の掛け合いから7がスタート。やっぱりこの曲の盛り上がりはすごい。

今回はフロントの4人が並ぶシーンは見られなかったけど、それでもこの曲は何回聴いてもいい。

これまた掛け合いが楽しい8の後は新作から9。このとき後ろの幕が

ROBは王座のような椅子に座ってセットの中央から登場してほぼ座ったまま歌う。貫禄たっぷり。

この曲のとき、割とSCOTTが手持ち無沙汰になるのかスティックを何度も回してたのが印象的。

この後、すぐに幕が変わるかと思いきや変わらないままだったのでもしやNOSTRADAMUSからまだ何か歌うか(今TOURここまでNOSTRADAMUSからは1,2,9以外には披露されていない)と思いきやこれまでの流れどおり10へ。

この時点で今日も同じSET LISTだとほぼ確信。

そして後ろの幕が前作のジャケットの天使に変わって11に。前回披露されなかったのがもったいない。

ここでまた幕も変わってお待ちかねの12~13。12はテープじゃなくて演奏してほしいけど、そこはまあ我慢。この曲も言うまでもなく盛り上がる。

14も「ROCK HARD,ROCK FREE」の掛け合いが楽しい。結構これは長くひっぱってやってた。

15は、KKのGUITARも凄かったけど、ROBのSCREAMINGも凄まじかった。

SCOTTのじらし気味のDRUMから始まった本編最後の16ではさすがに苦しそうだったもののそれでもよく声は出ていたと思う。

ここで本編終了のはずやけど、16からほとんど間髪入れずに17が始まった。

もちろんROBはハーレーに乗って登場。今回はステージ袖からではなくセットの真ん中が開いてそこから登場。

一瞬19かと思わせるような煽り方から18へ。

18終了後、ROBが一人でタオルをかぶったまま出てきておなじみの「WO WO WO YEAH」で掛け合い。

今日は19の終わりにも掛け合いの残りのような感じで掛け合いがあった。

全体的に見るとROBの喉の調子が3日連続と思えないぐらいよく、また前回TOURで散見された極端な前傾姿勢で歌うということもなくよかった。

惜しむべくは曲数の少なさやけど、これは喉のことを考えるとおそらくこれぐらいが適正な数かと思うので仕方ない。

鋼鉄神ここに有り!というLIVEだった。

SET LIST
1.Dawn of Creation
2.Prophecy
3.Metal Gods
4.Eat Me Alive
5.Between the Hammer And The Anvil
6.Devil's Child
7.Breaking the Law
8.Hell Patrol
9.Death
10.Dissident Aggressor
11.Angel
12.The Hellion
13.Electric Eye
14.Rock Hard, Ride Free
15.Sinner
16.Painkiller
ENCORE
17.Hell Bent For Leather
18.The Green Manalishi (With the Two-Pronged Crown)
19.You've Got Another Thing Coming
| 音楽 | 23:59 | トラックバック:0コメント:3
今日聴きたい一曲~Prophecy
JAPAN TOURも今日で2日目が終わって、明日管理人の行くのが3日連続の3日目。

今TOUR全くSETの変化がないからNostradamusの登場は期待出来なさそう。となると見所はパフォーマンスの質。

果たして神の喉は大丈夫かという心配はありつつ、でもそこはきっと貫禄でなんとかしてくれるだろうという期待で明日は参加。

OPにおそらく登場するであろうこの曲。

1曲目のインストから続いて始まるこの曲は2枚組大作の始まりを思わせるスケールの大きい1曲。

ノストラダムスノストラダムス
(2008/06/25)
ジューダス・プリースト

商品詳細を見る
| 音楽 | 23:55 | トラックバック:0コメント:0
KYOSUKE HIMURO -OFFICIAL PIRATES MIX-
DL販売が苦手といっていたわりには意志が弱かったから氷室の武道館公演1日目を購入。

一聴した感想は、ほんと生々しい。

下手に細工をしていないっていうのが一番大きい。

歌声や演奏だけでなく歓声もそのまま収録しているからLIVEの臨場感が全然損なわれてない。

惜しむらくはやっぱりMP3の形態での販売であること。

CDでなくても非圧縮音源で売って欲しいのが本音。

SET LIST
01. NATIVE STRANGER
02. SWEET REVOLUTION
03. WILD ROMANCE
04. GIRLS BE GLAMOROUS
05. CLAUDIA
06. CRIME OF LOVE
07. MISTY~微妙に~
08. Be Yourself
09. DIAMOND DUST
10. STAY
11. SQUALL
12. HEAT
13. 季節が君だけを変える
14. MARIONETTE
15. Keep The Faith
16. Say something
17. WILD AT NIGHT
18. IMAGE DOWN
19. 魂を抱いてくれ
20. Dear Algernon
21. Rainy Blue
22. Lover’s Day
23. CLOUDY HEART
24. VIRGIN BEAT
25. LOVE & GAME
26. JEALOUSYを眠らせて
27. SUMMER GAME
28. ANGEL
| 音楽 | 22:52 | トラックバック:0コメント:2
大阪歴史博物館
前々から行きたいとは思っていたけど、今日ようやく行けた。

大阪歴史博物館

谷町4丁目というのがかなり微妙。

博物館なのに見ての通りかなり高い建物。横のNHKと比べても遜色ない。

展示室は古代をテーマにした10Fからスタート。

この高さなので高速を挟んで南側にある難波宮の跡がはっきりと見える。

10Fの南側の展示室は4分ごとにカーテンが開閉する仕組み。だから暗いときには遠めには女官の人形が見学者にしか見えない。

実際人形はかなりリアルに出来てて展示室の暗さも相まって人間に見えた。

9Fは中世と近世がテーマ。

このフロアにはかなり模型が置いてあって視覚的に非常に楽しい。

大阪や堺の町並みがかなり細かく再現されてて見てても全然飽きない。

8Fは考古学がテーマ。

下のフロアと一部つながってて大正頃の御堂筋の町並みが再現されてる。

7Fは近代と現代。

このフロアも人形がかなり精巧にできてる。市場の八百屋を再現したところがあったけど、野菜がリアルすぎてそのまま買いそうなぐらい。

ここまで書いといてなんやけど、中では一切写真撮ってません。

是非一度足を運んでお確かめください。

歴史に興味なくても結構おもしろいと思う。
| 日記 | 21:35 | トラックバック:0コメント:2
再びダーツ
今日は早く仕事を切り上げたもののそのまま友達に電話。

協議の結果、心斎橋のROUND1でボーリングの待ち時間にカラオケ行くことに。

でもボーリングの待ち時間が予想以上に長かったからダーツに切り替え。

先週に引き続き平日にダーツ。

一杯ひっかけてからやった先週と比べると状態は雲泥の差。

でも1時間放っただけなのに最後はバテバテ。

何となくすっぽ抜ける感じで終了。

慣れないことすると疲れる。でも今日はぐっすり寝れそう
| 日記 | 21:35 | トラックバック:0コメント:4
LIVE会場
こんな変な天気やからプール行った以外1日家にいた。

来週は金曜日含めてLIVE→結婚式→LIVEと予定が埋まってるから大人しくしてたというのもあるけど。

これまでかなりの本数のLIVE行ってるにも関わらず、金曜日は初めて(JUDAS PRIEST フェスティバルホール)、日曜日は13年ぶりの会場(氷室京介 神戸ワールド記念ホール)。

DEEP PURPLEの「LIVE IN JAPAN」等数々の名演があったフェスティバルホールも建て替えが予定されているからおそらく最初で最後。

なかなかフェスでは行きたい公演がなく、建て替え前に一度行きたいと思ってたから思う存分楽しんでくる予定。

後は地元の神戸国際会館(音響がいいらしいけど、なかなか見たい公演がない)と武道館(聖地。一度は行っておきたい)には行っておきたい。

一方、神戸ワールド記念ホール。これは初めてLIVEに行った会場であってそれ以来の参戦。

そのときはglobeの「Is this love」の購入者応募特典の無料LIVE。初めてやったから色んなことが新鮮やった。

とネタがないから来週行くLIVE会場について書いてみた。
| 日記 | 22:37 | トラックバック:0コメント:2
ラック修理
CDを入れてる移動式のラックが取っ手を引っ張ると取っ手側の板が外れて崩壊の危機に瀕してたから中身を全部出して接着剤で板と板を接着剤でとめた。

ラック

現在紐で縛って乾くのを待ってる途中。

ラックの中身

全部出すと結構な面積を占領することになった。

こうやって見ると自分でもほんとあきれる(笑)
| 日記 | 23:47 | トラックバック:0コメント:3
送別会
同期が一人転勤になるから今日送別会を開いた。

例によって幹事は管理人。

台風が近づいてたから中止の可能性もあると思って昨日ひやひやしてたけど、結局無事開催できた。

結構高い出席率やったから主賓にとってはよかったと思う。

ただ、主賓が全く締めの挨拶できてなかったので転勤先で通用するのか心底不安だった。
| 日記 | 23:59 | トラックバック:0コメント:0
英詩
洋楽を聴くけど、普段あまり詞を意識しない管理人。

ふとした出来事で訳詩を見てたら結構曲調と歌詞の意味が違う曲がある。

単なるラブソングだと思ってたら失恋ソングだったり、その逆もまた然り。

読まなきゃよかったと思う詞も結構あったり。

一度深く意味を知らない英詩(or訳詩)の意味をご確認あれ。
| 日記 | 23:05 | トラックバック:0コメント:2
DL販売
物が多い、多いといいながらもDL販売みたいな実物が存在しないものが苦手な管理人。

困ったことに氷室の武道館公演がDL販売で発売された。

1公演3千円。しかもMP3。

METALLICAみたいにFLAC(不可逆圧縮のフォーマット。MP3のように音質は劣化しない)で、2千円ぐらいならいいけど、これは少し財布にはつらい。

AUD録音で満足している人間に言われたくないと言われそうな気もするけど、CD1枚買うのと同じ値段するだけにこれは嫌な感じ。

でも一番怖いのが、何事もなかったかのように突然CD化されたり、DVD化されること。

そうなれば一気に圧縮音源は無駄に…

そう考えるとやっぱりもう少し安くないと。
| 音楽 | 23:29 | トラックバック:0コメント:2
ダーツ
久々に投げた。

まさかのBULL&TRIPLE20が出る展開で罰ゲーム回避!

酔っててまともに投げれる状態じゃないのにここ一番で決めれたのに自分で驚き
| 日記 | 23:59 | トラックバック:0コメント:3
腰痛
早朝、まさかの腰痛に襲われて目が覚めた。

あまりに痛くて寝付けず、最終的に痛み止めを使ってようやく寝付けた。

そんな状態なもんで夕方まで動かず。

夕方少し動いてみたものの、動くと腰は痛いし、本調子からはほど遠い状態やったからすぐやめた。

これまでも痛むことはあったけど、動くのに支障出たのは初めて。

一過性のものだといいんだけど。
| 日記 | 19:55 | トラックバック:0コメント:8
色々と片付け
3連休、全く予定がないから今日も部屋の片付け。

片付けしながら新しいipodに曲をぶっこむ。

今日のメインターゲットは本。

資格関係の本が結構要らないのが出てきた。

迷わず、捨てる対象に。

捨てるのはもったいないからもし欲しい人あったらあげます(行政書士と宅建。但し少し古い)。

そして空いた本棚に部屋にちらかっていた本を収納。

こうやって少しずつ部屋から物を片付けてるけど、どうしても片付かないものが。

CDとDVD。枚数が多すぎるorz
| 日記 | 22:38 | トラックバック:0コメント:5
ipod classic
今週、新しいipodが発表された。

それに伴って前のモデルのclassicの80GBがヨドバシで6千円安くなってたので購入。

ipodはポイントが5%しかつかないから貯めていたポイントを一気に放出。

おかげで2万弱の金額で入手。

今持っている30GBのものがもう残り容量2GBやったからそろそろなんとかしないとなあと思っていたところやから助かった。

でも意外にデータの移すのに手間取り中。
| デジタル | 23:47 | トラックバック:0コメント:0
迷惑メール
もう7年以上なかった携帯への迷惑メール。

それがなぜか今日になって一気に3件も来た。

来たのはすべて同じアドレスから。

今日いきなり届き始めたのには思い当たる節がないわけじゃない。

でもその思い当たる節が事実なら、とんでもない事実。

残念ながらそれが正しいか証明する方法がないのが残念なところ。
| 日記 | 23:49 | トラックバック:0コメント:4
METALLICA 「DEATH MAGNETIC」
5年ぶりの新作、遂に発売。

デジパック仕様やったけど、かなり変わった仕様になっていてジャケットの真ん中部分がくりぬいてあってかなり凝った仕様。ブックレットの歌詞はなぜか曲順通りではない。

肝心の音は、一聴したところ、前作のような重く苦しい雰囲気ではなく、前向きな音というか、ぐいぐいと迫ってくる感じ。それでいて聞き苦しくない。

これからもっと聴きこむ予定。

デス・マグネティック~ストロング・エディションデス・マグネティック~ストロング・エディション
(2008/09/12)
メタリカ

商品詳細を見る
| 音楽 | 23:53 | トラックバック:0コメント:2
第26回法務研究会
今日から新シリーズ。

にも関わらず30分以上遅刻したから序盤何してたかはわからず。そのまま会は終了。

新シリーズ、まとまれば本になるかもだけど、そこに我々の名前は刻まれるのかは気になる(笑)
| 日記 | 22:44 | トラックバック:0コメント:2
今日聴きたい一曲~St.anger
まもなくNEW ALBUMが発売(管理人は思いっきり今日だと思い込んでCD屋に行って空振り食らった)になるMETALLICAの前作のTITLE TUNE。

何気に前作が出たのはもう5年も前の話。

改めて聴いてみると、この曲は(決して否定的な意味ではなく)重く苦しい。

静と動が同居して、混沌としたところがいい。

セイント・アンガーセイント・アンガー
(2003/06/09)
メタリカ

商品詳細を見る


デス・マグネティック~ストロング・エディションデス・マグネティック~ストロング・エディション
(2008/09/12)
メタリカ

商品詳細を見る
| 音楽 | 23:12 | トラックバック:0コメント:2
SOLO
ようやくまともに鳴る現物が届いたから紹介。

こないだから返品や展示品在庫があったと騒いでたのがこのブツ。

SOLO

英国はARCAM社製のCDレシーバー(スピーカーのついてないCDラジカセと考えるとわかりやすい)。

日本で取り扱っていたデノンラボが営業活動を終了することに伴って、ARCAMの扱いを終了。

それで残ってた展示品がかなり安く買えた。

元々この製品の定価は241,500円とかなり高価。

でも買いなおしたときの金額は102,000円と破格。

普通に考えると目茶苦茶高いけど、今後10年ぐらいはこれを使っていくつもりだとそう高い買い物ではないと思う。

スピーカーはまだ新しいの買ってないから前のスピーカーのまま。

だから新旧の比較はしやすい。

今までと比べて聞こえてなかった音が今は聞こえるようになった。それと音が前にせり出してくるような迫力がある。

スピーカーを変えるとさらに楽しめそう。
| 日記 | 23:08 | トラックバック:0コメント:0
さかもとえいぞう アコギ修行旅 2008 「残暑お見舞い申し上げますツアー」@TWICE CAFE
もうこのblogではすっかりおなじみ?さかもとえいぞうのLIVEに今日は行ってきた。

年始以来の大阪でのLIVE。場所はおなじみのTWICE CAFE。

今日は入るなりストローの先に風船のようなものがついた謎の物体を渡される。

この物体、実は一部の最後で使用される重要(笑)なアイテム。

今日のお供はGEORGE。いつも通り出番がないときはひたすら座っている!

一部はオリジナル+昭和歌謡。昭和歌謡はいつもDEEPにDEEPに進行するけど、今日もDEEPだった。もちろん今回も一曲もわからなかった。

POISONでのGEORGEのシェイカーを振る、振る。止まることは許されてない(笑)。

一部のラスト、ハンサムユニヴァースで入場のときにもらった謎のストローの正体が明らかに。ストローの正体は簡易ライト。これを皆で歌いながら振るというなんともほのぼのした一部の締めに。

二部は洋楽のカバーから。

JADEDは初めてやってるところみたけど、もともとアコギの似合う曲なのでよかった。

そしてもう一曲、初めての曲はもうじき来日するAVRILのGirlfriend。「HEY HEY YOU YOU」と「NO WAY NO WAY」の部分のコーラス指導が事前にあり、よく盛り上がった。

締めはいつも茜色でADDITIONALで加わる小松さんも加えていつもよりは少しゆったりしたテンポの紅茶の美味しい床屋さん。

いつも通り非常に濃いステージングで楽しめた。

SET LIST(不確か)
1.GUTEN TAG
2.RROMANCE PROMENADE
3.美しが丘
4.醜い言葉で
5.ギターを弾こう
6.小さな体験
7.君が美しすぎて
8.星めぐり
9.たそがれマイラブ
10.POISON
11.ハンサムユニヴァース
第2部
12.Jaded
13.Carnival
14.You've got a friend
15.Girlfriend
16.ハローワーク99
17.もうだめ
18.ゲーテの小径
19.永遠の未来
20.茜色
21.紅茶の美味しい床屋さん
| 音楽 | 22:58 | トラックバック:0コメント:0
味にうるさい
普段は外食してまずいと思ってもほとんど口にしないのになぜか今日は食べてる途中に味について色々しゃべってた。

頼んだのは、鶏そぼろとなすの味噌トマトパスタ。

味噌味のパスタなのにトマトが強く主張しすぎて、結局トマトの味になってるのと鶏そぼろがソースに全然絡まず完全に浮いた味(しかも美味しくない)になってた。

いつも絶対黙って食べてるのに今日はなぜか味に対する不満をひとしきりいいながら食べてた。

何故今日そんなにペラペラしゃべってたかは本人にも謎。
| 日記 | 23:46 | トラックバック:0コメント:2
80's
定期的に出てる80'Sもののコンピ、最近また1枚発売された。

今回出た1枚は収録曲を見ると珍しくMICHAEL JACKSONが収録されてる(しかも2曲、THRILLERとBAD)。MICHEAL入るのは珍しい。後の楽曲は大体他のコンピに収録されているようなものが多いけど。

数ある80'sもののコンピは、今回出たもののように力が入ってるものだとレコード会社の垣根を越えて楽曲収録されているとはいえ、権利の関係等もあってなかなか各社のBIG NAMEを把握できる選曲にはならない(例えば、VAN HALENのJUMPが入ってないとかPOLICEのEVERY BREATH YOU TAKEが入ってないとか)。

しかし80'sという一時代を考えた場合、高々2枚のCDにその楽曲を押し込もうという自体、若干無理もあるのも事実。

一時期80'Sの楽曲をひたすら集めていた管理人の場合、大学の頃に80'Sにはまったとき、まずWARNERやUNIVERSALの出した80'Sでないコンピを購入。

そこから80'Sのコンピに入らないようなARTISTの場合は個別に、入るようなARTISTの場合は802の番組が出したシリーズ物のコンピ(全部で7枚、これはいいシリーズだと思う)で大体欲しい曲をそろえた。

それだけで飽き足りなかった管理人の場合、自分でBEST OF 80'Sみたいなの作ってCD-Rに焼いて、ジャケットも色々写真を加工して作って楽しんだり(焼いたCD-Rは現物紛失。ジャケのデータだけはある)。

今思えば時間のある大学時代だから作れた豪華コンピだった。

エイティーズ・グラフィティエイティーズ・グラフィティ
(2008/08/27)
オムニバスワム!

商品詳細を見る
| 音楽 | 23:40 | トラックバック:0コメント:0
意外な発見
出張が思ったよりも早く終わったからアウトレットで安くなってるスピーカーがないか都内を散策していたところ、スピーカー以上に大きな発見が。

なんと修理で送り返した例の機器が展示品で売ってる!しかもこないだ買ったのと同じ某電気店で。

先日電話したときの説明やと系列店全部探したけどないって言ってたのにほんまは在庫があった!

しかも大阪よりも1万円安い。

安いのは土地柄があるからいいとして、許せなかったのは全店探したけどないと言っていた在庫があったこと。客に嘘をついても平気なようだ。

この手の嘘は許しがたいから大阪の店に電話して送り返した分については修理対応から返金にしてもらった。

そして東京で購入。今日はさすがに持ち帰りではなく宅配にした。

この間結構時間がかかったから今日はこれで帰った。

目的からは反れたけど、予定より早く機器を手に出来そうやからこれはこれでいい。
| 日記 | 23:36 | トラックバック:0コメント:2
東京の夜
珍しく東京出張で前乗り。

今泊まってるホテルは上野(正確には御徒町)。

ちょうど去年の今頃、うろうろしていた辺り。

駅から降りてホテルに行くまでに何か外国人が多い。

ホテルに入ったときも外国人の集団が夜の街に繰り出して行った。

ホテルの部屋からはビル群がかすかに見える。

今まで繁華街に泊まることが少なかったから何か別世界に思える。
| 日記 | 23:39 | トラックバック:0コメント:0
今日聴きたい一曲~Claudia
気がつけば氷室のTOUR、神戸FINALまで1ヶ月を切ってる。

管理人の行った3日目の大阪以降も微妙にSETが変化してて、日替わり曲が楽しめそう。

でもFINALの席は最後列でなおかつまだ誰と行くかが決まらないけどorz

この曲は今のところ、今TOUR皆勤。

サビが終わっても、息つく暇もなくそのまま歌い続けるところがこの曲のかっこいいところ。PVもライブ映像を加工して作られていてカッコいい。

20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~
(2008/06/11)
氷室京介GLAY

商品詳細を見る
| 音楽 | 22:38 | トラックバック:0コメント:0
お化け
今日はフロアの最終退出者やったから自分の部屋だけでなく、フロアの防火扉の鍵も閉めて帰ろうと思ったら…

誰もいないはずの真っ暗なフロアから物音が。

そして扉が開いて人が出てきた。

隣の奥まったところにある組合室にまだ人がいた!

あんまり組合室に人がいることないから確認せずに、自分の部屋以外にもう誰もいないだろうという考えて防火扉閉めてたからこれにはビックリ。

心臓に悪い帰りだった。
| 日記 | 23:34 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

08 | 2008/09 | 10
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
PROFILE

A51
A51ようこそ!
ちょくちょく音楽ネタを織り交ぜながら日記書いてます。
って始めは音楽ネタメインのはずやってんけど…
RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
  • 2023年06月 (3)
  • 2023年05月 (31)
  • 2023年04月 (30)
  • 2023年03月 (31)
  • 2023年02月 (28)
  • 2023年01月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年09月 (30)
  • 2022年08月 (31)
  • 2022年07月 (31)
  • 2022年06月 (30)
  • 2022年05月 (31)
  • 2022年04月 (30)
  • 2022年03月 (31)
  • 2022年02月 (28)
  • 2022年01月 (31)
  • 2021年12月 (30)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年09月 (31)
  • 2021年08月 (31)
  • 2021年07月 (31)
  • 2021年06月 (30)
  • 2021年05月 (31)
  • 2021年04月 (30)
  • 2021年03月 (31)
  • 2021年02月 (28)
  • 2021年01月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年09月 (27)
  • 2020年08月 (31)
  • 2020年07月 (31)
  • 2020年06月 (30)
  • 2020年05月 (31)
  • 2020年04月 (30)
  • 2020年03月 (31)
  • 2020年02月 (29)
  • 2020年01月 (31)
  • 2019年12月 (32)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年09月 (30)
  • 2019年08月 (31)
  • 2019年07月 (31)
  • 2019年06月 (30)
  • 2019年05月 (31)
  • 2019年04月 (30)
  • 2019年03月 (31)
  • 2019年02月 (28)
  • 2019年01月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年09月 (30)
  • 2018年08月 (31)
  • 2018年07月 (31)
  • 2018年06月 (30)
  • 2018年05月 (31)
  • 2018年04月 (30)
  • 2018年03月 (32)
  • 2018年02月 (28)
  • 2018年01月 (30)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年09月 (30)
  • 2017年08月 (31)
  • 2017年07月 (28)
  • 2017年06月 (30)
  • 2017年05月 (31)
  • 2017年04月 (30)
  • 2017年03月 (30)
  • 2017年02月 (28)
  • 2017年01月 (31)
  • 2016年12月 (24)
  • 2016年11月 (28)
  • 2016年10月 (31)
  • 2016年09月 (30)
  • 2016年08月 (31)
  • 2016年07月 (31)
  • 2016年06月 (30)
  • 2016年05月 (31)
  • 2016年04月 (30)
  • 2016年03月 (31)
  • 2016年02月 (29)
  • 2016年01月 (31)
  • 2015年12月 (31)
  • 2015年11月 (30)
  • 2015年10月 (31)
  • 2015年09月 (30)
  • 2015年08月 (31)
  • 2015年07月 (31)
  • 2015年06月 (30)
  • 2015年05月 (31)
  • 2015年04月 (30)
  • 2015年03月 (31)
  • 2015年02月 (28)
  • 2015年01月 (31)
  • 2014年12月 (31)
  • 2014年11月 (30)
  • 2014年10月 (31)
  • 2014年09月 (30)
  • 2014年08月 (31)
  • 2014年07月 (32)
  • 2014年06月 (30)
  • 2014年05月 (31)
  • 2014年04月 (30)
  • 2014年03月 (31)
  • 2014年02月 (28)
  • 2014年01月 (31)
  • 2013年12月 (31)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (31)
  • 2013年09月 (30)
  • 2013年08月 (31)
  • 2013年07月 (31)
  • 2013年06月 (30)
  • 2013年05月 (31)
  • 2013年04月 (30)
  • 2013年03月 (31)
  • 2013年02月 (28)
  • 2013年01月 (31)
  • 2012年12月 (29)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (31)
  • 2012年09月 (30)
  • 2012年08月 (31)
  • 2012年07月 (31)
  • 2012年06月 (30)
  • 2012年05月 (31)
  • 2012年04月 (30)
  • 2012年03月 (31)
  • 2012年02月 (29)
  • 2012年01月 (31)
  • 2011年12月 (31)
  • 2011年11月 (30)
  • 2011年10月 (31)
  • 2011年09月 (30)
  • 2011年08月 (31)
  • 2011年07月 (31)
  • 2011年06月 (30)
  • 2011年05月 (31)
  • 2011年04月 (30)
  • 2011年03月 (31)
  • 2011年02月 (28)
  • 2011年01月 (33)
  • 2010年12月 (31)
  • 2010年11月 (30)
  • 2010年10月 (31)
  • 2010年09月 (31)
  • 2010年08月 (32)
  • 2010年07月 (31)
  • 2010年06月 (32)
  • 2010年05月 (31)
  • 2010年04月 (32)
  • 2010年03月 (31)
  • 2010年02月 (28)
  • 2010年01月 (31)
  • 2009年12月 (31)
  • 2009年11月 (30)
  • 2009年10月 (31)
  • 2009年09月 (30)
  • 2009年08月 (31)
  • 2009年07月 (31)
  • 2009年06月 (30)
  • 2009年05月 (31)
  • 2009年04月 (30)
  • 2009年03月 (31)
  • 2009年02月 (28)
  • 2009年01月 (31)
  • 2008年12月 (31)
  • 2008年11月 (30)
  • 2008年10月 (31)
  • 2008年09月 (30)
  • 2008年08月 (31)
  • 2008年07月 (31)
  • 2008年06月 (30)
  • 2008年05月 (31)
  • 2008年04月 (30)
  • 2008年03月 (31)
  • 2008年02月 (29)
  • 2008年01月 (31)
  • 2007年12月 (31)
  • 2007年11月 (30)
  • 2007年10月 (31)
  • 2007年09月 (29)
  • 2007年08月 (31)
  • 2007年07月 (31)
  • 2007年06月 (30)
  • 2007年05月 (31)
  • 2007年04月 (30)
  • 2007年03月 (31)
  • 2007年02月 (28)
  • 2007年01月 (31)
  • 2006年12月 (31)
  • 2006年11月 (30)
  • 2006年10月 (31)
  • 2006年09月 (30)
  • 2006年08月 (31)
  • 2006年07月 (31)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (30)
  • 2006年04月 (30)
  • 2006年03月 (31)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (31)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (32)
  • 2005年09月 (30)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (14)
  • RECENT COMMENTS
  • A51 (01/07)
  • A51 (01/07)
  • master (01/05)
  • しげちー (06/02)
  • 久木山誉紀滝 (02/21)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS